男女

音楽家に適した住宅環境|自宅に防音室設置で自由に楽器が楽しめる!

トラブルを未然に防ぐ

作業員

静かな住空間を実現

核家族化や少子化が進む現代では、とかく音に対してのトラブルが増えてきました。一昔前までは、長屋文化の日本では隣近所の音が聞こえるのは当たり前でした。また、家族が多く子供がたくさんいた頃の日本では、日常的に音にあふれ、子供の声や大人の怒鳴り声なども許せる人間関係がありました。しかし今の日本では、ちょっとした音が原因で最悪の場合殺人事件にまで発展することもあり、防音対策や騒音対策がとても重要視されるようになっています。近年では、一戸建てやマンションを購入する際に、幼稚園や保育園・小学校の近くはうるさいからと敬遠する人も多くなっています。外からの音が気になるのは仕方ありませんが、自分の家から漏れ出る音にも十分注意をしなければなりません。特にマンションなどの集合住宅では、壁一枚隔てた場所に他人が住んでいるのですから、防音に対する意識を持たなくてはなりません。また、ピアノやドラムという楽器を奏でる趣味を持つ人はおのずと防音対策を施す必要があります。部屋を一つ防音対策する場合、おおよその目安として一坪あたりにかかる費用は約40万円ほどと言われています。防音対策する場合、響かせる音の種類や壁や床の強度・窓の造り・防音する部屋の階層などにより費用や工事内容も違っています。業者と相談する際には、求められる防音のレベルはどのくらい必要なのかをよく考え、費用と共に打ち合わせをし、工事を進めることが大切です。