男女

音楽家に適した住宅環境|自宅に防音室設置で自由に楽器が楽しめる!

専門業者に依頼しましょう

ヘルメットを持つ人

安心して練習できます

ドラムはスネア・バスドラム・タムタム・シンバルなど、高音から低音まで様々な音を出すことができる打楽器です。的確にリズムを刻むことで演奏をコントロールすることに加え、迫力ある音量でオーディエンスを盛り上げるなど現代音楽において欠かせないパートとなっています。ただドラムの魅力である大音量は演奏者にとっては悩みの種でもあります。なぜならその大きすぎる音量があだとなって練習できる場所が限られるからです。ドラムの音量は演奏時に130dbにも達します。この音量は飛行機のエンジン音や落雷と同程度の音量となるので、とてもではありませんが自宅でそのまま演奏することはできないのです。しかしレンタルスタジオまでわざわざ機材を持ち込んで練習するのは大変であることに加え、回数を重ねるごとに料金負担も重くのしかかってきます。そこでおすすめなのが自宅の防音工事です。防音工事を行えば自宅でも騒音を気にすることなくドラム演奏が可能となります。ドラム演奏の際には大きな演奏音が出るほか振動もかなり大きくなりますが、適切な防音工事を行えば演奏音と振動の双方をしっかりとカットすることができます。また適切な設計により自然な音響が可能なのでクリアな音質を実現できます。このような防音工事は音響に精通した専門業者に依頼する必要があります。防音工事の内容は一般の建築工事とは異なりかなり特殊なので、防音工事を依頼する際は防音専門業者に依頼するようにしましょう。