男女

音楽家に適した住宅環境|自宅に防音室設置で自由に楽器が楽しめる!

自宅で大音量が出せる

婦人

自宅で防音するには

音楽を志す人や歌や楽器を楽しみたい人、また、大音量で映画を見たり大声で騒いだりするのが好きな人も多いですよね。しかし、都心部などの住宅密集地域では近所迷惑になってしまうケースも多く、時間や音を気にしてなかなか自由に楽しめないものです。自宅で気兼ねなく大きな音を出すには、やはりしっかりと防音対策をする必要があります。そこで考えつくのが防音工事です。防音対策を行うと高い防音効果があり、例え夜間でも気にせず音を出す事が出来るため、自分も周りもストレスなく過ごせると言う大きなメリットがありますね。ところが、通常のリフォームとは違い、一体どのくらいの費用がかかるのか、いまいちピンと来ないものです。防音工事は特殊な工事なので、専門の業者に依頼する必要があります。一般には壁、床、窓などに防音効果のあるものを使います。しかし、これらも様々な種類があり、どの程度の防音効果を期待するかによって価格が変動します。例えば、シアタールームやキッズルームなどは比較的安価なものでもOKですが、楽器演奏やマイクを使ってのカラオケルームなどは音が大きく響くため、建材や工事の仕方も高度なものになり高くなります。また、広さや間取り(窓や扉が多いなど)によっても変わるため、「大体これくらい」と言うものがつかみにくくなっているのです。多くは業者に見積もりを取ってもらい費用を確認しますが、その前に相場が知りたいと言う場合には「防音工事の費用は坪単価40万円から」と言うのが一般的なようです。ただしこれはあくまでも相場であって、先に述べたように広さや防音レベル等でも大きく変わりますし、業者のグレードによっても様々なのでおおよその目安と考えておくと良いでしょう。また、防音工事を行なっても、住宅の老朽化に伴う経年劣化は少なからずあるため、防音設備を必要とする期間なども含め、見積もりの際にしっかりと業者に確認する事が大切です。