男女

音楽家に適した住宅環境|自宅に防音室設置で自由に楽器が楽しめる!

トラブルを未然に防ぐ

作業員

音によって対人関係やご近所トラブルなどが起こると、大きな事件に発展することもあります。自分や自分の家族・ご近所付き合いなどを考慮に入れ、防音対策をすることが大切です。防ぐ音のレベルにより、工事内容や費用がかわっていきます。

専門業者に依頼しましょう

ヘルメットを持つ人

ドラムの最大の悩みは演奏できる場所が限定されてしまうことです。しかし自宅に防音工事を施せばいつでも自由に演奏を楽しむことができます。演奏する音はもちろんのこと振動もしっかりと遮断されるので、近所迷惑を心配する必要もなくなります。このような防音工事は音響について詳しい専門業者に依頼しましょう。

自宅で大音量が出せる

婦人

防音工事を行うと、時間や近所迷惑を気にせず自由に大きな音を楽しむ事が出来ます。防音工事は特殊な知識と技術を持った専門業者が行い、広さや防音レベルによって費用は変わりますが坪単価40万円からというのが一般的です。導入後の防音効果や使用期間を含め、見積もりの際にしっかりと確認しましょう。

近隣トラブルを避ける方法

耳を塞ぐ人

家でピアノやバイオリンなどの練習をしたい場合や、シアタールームを設置したい場合、防音対策を行うことが重要である。防音対策を行っていない状況で大きな音を出すと、近所迷惑になるだけではなく近所とのトラブルに発展するケースもあるため、防音対策は重要なものとなっている。楽器の使用やシアタールームを作るため防音室を設置する人が増えており、特に一戸建て住宅などでは建設時から防音室を作るケースもある。防音室を導入した場合には、外部への音漏れの心配が軽減されるため、大音量で映画を見たり楽器の演奏などをすることができる利点がある。これらの対策をしていない場合、近所迷惑などを配慮しつつ利用するということになってしまう。特に夜間や早朝など、周りが静かな時間帯にでも防音室があれば、比較的音漏れを気にすることなく利用できる。防音室をリフォームで導入する場合には、その工事内容により料金は大きく変わる。2重サッシや隙間を埋めるなど比較的簡単な工事であれば、数十万円程度で工事してもらうことができる。壁を防音用のものに全面取り換えることや、扉などを含め全面的に改修する場合には百万円を超える工事になることもある。これらの防音室では、出す音により気密性を上げる必要があり、大きな音を出す可能性が有るケース程、費用をかけ十分な対策を行う必要がある。それほど大きな音を出すことが想定されない場合には、比較的簡単な工事で対策できることもある。